HAIR

NEW STYLE

 

DSC_7692

DSC_7718


DSC_81135

DSC_8116


DSC_7239

DSC_7039


DSC_7006

DSC_6964


DSC_6766hot

DSC_6771hot


DSC_6124Shot

DSC_6142Shot


DSC_5776HP

DSC_5938HP


DSC_5616

DSC_5300


DSC_4787S

DSC_4757S


DSC_3440S57

DSC_3428S


DSC_4250S572

DSC_4375S57


Nhot3

Nhot2


dsc_2186sr40m30b5

dsc_2449sr40m30b5


dsc_1886s57ls%e5%b0%8f

dsc_1878s57ls%e5%b0%8f


dsc_9069vs%e4%bf%ae%e6%ad%a32

a2hot257%e5%b0%8f


ahot1

ahot3


sbobhot1%e5%b0%8f

sbobhot3%e5%b0%8f


dsc_9261vs-1

dsc_9278vs-1


dsc_7319lt-4

dsc_7484lst%e5%be%8c%e3%82%8d-1

dsc_7361lst-1

暖色系メルティショコラカラーとSカールの組み合わせです。パーマを中間に大きくリッジが出るようにかけ、冬らしい赤みのあるメルティショコラで深みのあるブラウンにカラーリングします。暖色系カラーはツヤがでやすく色持ちがいいのでオススメです。

このヘアスタイルの記事を読む

HOT PEPPER Beauty

担当 : 中隈


dsc_8489lst20

h%e6%8e%b2%e8%bc%89kan

dsc_8546lst20

秋にピッタリのピンクバイオレットカラーです。彩度が高すぎる抜けたようなピンクではなくレッドバイオレットを加えることによって少し彩度が低めの深みにあるピンクに仕上げることができます。ツヤが出やすいシアバター系のスタイリング剤で仕上げると色との相性が良くオススメです。

このスタイルの記事を読む

HOT PEPPER Beauty

担当 : 中隈


dsc_8695

dsc_8773

dsc_8690

大人の女性向けミディアムスタイルです。しつこいカールや古くさいカール感にならないように中間メインにパーマをかけます。フロントはアレンジしやすいようにレイヤーを多めに入れてフォアードにもリバースにも動かせるようにしておきます。こういったフロントにレイヤーの入ったスタイルは首を隠しすぎると顔を強調させやすく大きく見えることがあるので首を隠しすぎないよう注意します。顔の見え方によってはフロントを外ハネにアレンジしても今っぽく仕上がります。

このヘアスタイルの記事を読む

HOT PEPPER Beauty

担当 : 中隈


dsc_6141lsk-1

dsc_6141lsk

dsc_6155lkan-1

ベースカラーはゴールドグレージュでハイライトをプラスした立体感のある明るめのカラーリングです。カットはハイライトの凹凸を活かせるようレイヤーを多めに入れてヘア自体も動きを出します。相乗効果で立体感・動きを表現します。

このヘアスタイルの記事を読む

HOT PEPPER Beauty

担当 : 中隈


dsc_7588

dsc_7559

dsc_7614

パッと見のデザインがダルくならないようメリハリを効かせたロングスタイルです。バングのタイトさとボリューム感のあるSカール、ロングレングスに対するショートバングとのコントラスト。メリハリを効かせたデザインはダルいデザインに比べて一段と目を引きます。ヘアスタイルに限らず、本来デザインは出すところと引くところを作り、デザインポイントを明確にシンプルにしていきます。

このスタイルの記事を読む

HOT PEPPER Beauty

担当 : 中隈


dsc_8349lst20

dsc_8372lst20

dsc_8281lst20

清楚系のミディアムスタイルです。清楚系のフェミニンスタイルはツヤが大切になるので、カラーもツヤの出やすいものを選択します。写真はピンク系レッドバイオレットとアッシュをミックスした色です。ツヤ感が大切なのでラフに動かすのではなくブローやアイロンワークでツヤを出しながら毛先ワンカールさせていくのがコツです。

このスタイルの記事を読む

HOT PEPPER Beauty

担当 : 中隈


dsc_6619lst-1

dsc_6676ls-1

カッパーゴールドにボルドーを加えたカラーリングです。傷んで見えやすいハイトーンゴールドのように黄味が強いわけでもなく、ほんの少しのボルドー系の暖色を加えるだけで艶が出やすく、秋らしい色に変わります。カットベースは艶を損なわないようにレイヤーを低めに秋・冬服の重さに負けないようにボリュームをしっかりと出していきます。

このスタイルの記事を読む

HOT PEPPER Beauty

担当 : 中隈


dsc_7903lst-1

dsc_7856st

dsc_7751lst-1

大人のフェミニンカジュアルスタイルです。服装はカジュアルでも髪は深みのあるカラーとツヤのある質感を出して女性らしさを出します。かき上げる位置と分け目の取り方が重要です。この位置と取り方のボリュームの作り方で顔の見え方が変化します。

このヘアスタイルの記事を読む

HOT PEPPER Beauty

担当 : 中隈


dsc_7202ls

dsc_7279

dsc_7248%e5%85%a8%e8%ba%abl-1

明るく可愛らしい印象を与えるオン眉スタイルです。フェミニンキュートなイメージにするために表面のツヤ感を大事に、毛先はやわらかくワンカールさせて女性らしくスタイリングしていきます。オン眉は比較的おでこが広い方が作りやすく、可愛らしい印象だけでなく、目から顎先が間延びてしまう面長型の顔立ちも緩和する効果があります。

ツヤが出やすいシアバター系ワックスがオススメです。

このスタイルの記事を読む

HOT PEPPER Beauty

担当 : 中隈


dsc_5992lk-1

dsc_6047kl-1

dsc_6102lk-1

フロントメインで、バックはトップのみにレイヤーを入れたAラインキープのレイヤースタイルです。フロントは顎スタートのレイヤーで長めに横に流して大人な雰囲気を出していきます。曲げすぎず、ニュアンス程度にコテで巻くかパーマをかけてナチュラルに仕上げます。全体的にボリュームを出して小顔効果も出せるスタイルです。

このスタイルの記事を読む

HOT PEPPER Beauty

担当 : 中隈


dsc_5649z

dsc_5679z

dsc_5639z

前下がりボブベースにランダムに動くようにパーマをかけたスタイルです。ワンレンに近いボブベースのヘアスタイルでも、サイドパートの位置を変えることによって動く部分を作ることができます。前下がりボブにパーマをかける際のポイントはサイドの長い部分の動かし方です。この部分の動かし方で、顔に似合う骨格補正を行っていきます。

このスタイルの記事を読む

HOT PEPPER Beauty

担当 : 中隈


dsc_4375-1

dsc_4367-1

切りっぱなしの外ハネボブにピンクベージュでカラーリングしてあります。カットは内巻きにもなるようにイングラが入っていますので、ストレートアイロンではなく27mm前後のカールアイロンで外ハネにします。ツヤとまとまりを与えるためにスタイリング剤はグロスジェルで仕上げ、バングも根元からウェッティに仕上げると今っぽくなります。

このスタイルの記事を読む

HOT PEPPER Beauty

担当 : 中隈


dsc_47351m

dsc_4849z

dsc_5130

秋にオススメのCカール外ハネスタイルです。服装にボリュームが出はじめる秋冬でのミディアムスタイルはあえてハネさせると楽にスタイリングできます。写真のスタイルはパーマで自然にCカールの外ハネにしてあります。カラーは暖色系のカッパーグレージュです。季節的に乾燥しやすくなるのでグロスジェルなどのスタイリング剤がオススメです。

このスタイルの記事を読む

HOT PEPPER Beauty

担当 : 中隈


dsc_35921

ロングバングのうざバングスタイルです。バングは長めに設定し細かくピンカールでパーマをかけ、毛束感を作ります。カラーはピンクとアッシュを混ぜて秋らしいくすんだピンクグレージュでやわらかく仕上げます。カットベースはかなり低めのローレイヤースタイルになります。

このスタイルの記事を読む

HOT PEPPER Beauty

担当 : 中隈


DSC_3014 (1)

DSC_3196 (1)

DSC_3239

ショートボブ+ワイドバングのかわいらしいイメージのショートスタイルです。ワイドバングは顔の面積は増えますが、小鼻下のエリアを細く見せることができるのでヘアのボリュームの組み合わせでは目尻下でバングを落とすよりも小顔に見せることができます。 カラーはベージュ系にランダムにハイライトを入れて立体感が出るようにしています。外ハネベースでパーマをかけるとスタイリングも楽になります。

このヘアスタイルの記事を読む

HOT PEPPER Beauty

担当 : 中隈


DSC_2829p

DSC_2845

DSC_2827p

HOT PEPPER Beauty

DSC_2766

DSC_2299b

DSC_2763

上はグレージュにレッドヴァイオレットを加えたカラーリング。下は7トーンのアッシュにレッドバイオレットを少し加えた秋にオススメのカラーリングになります。一人一人の顔色に合わせてヴァイオレットの量を調整します。ロートーンのカラーリングは暗い印象になりがちなのでそれをショートバングでカバーし明るい印象にしていきます。カットベースは夏よりもレイヤーを低めに、秋冬の服のボリュームに負けないようにミディアム・ロングはよりAライン感を強めます。

HOT PEPPER Beauty

このヘアスタイルの記事を読む

担当 : 中隈


hot2

マットアッシュ系のロングスタイルです。カラーと調和を取るために緩めにパーマをかけます。バングは斜めに下ろして少し甘めなイメージにしています。甘めなイメージはカラーのトーンを比較的明るめに設定することがコツです。カットはバックはAラインを残すように、フロントサイドは多様な巻きに対応できるように深めにレイヤーを入れてあります。

このヘアスタイルの記事を読む

HOT PEPPER Beauty

担当 : 中隈


DSC_11041

長めの搔き上げバングスタイルです。搔き上げたヘビーサイド側のバングの毛先の動きと搔き上げる位置が似合わせにとても影響するので、カットをする際の長さが重要になります。また、動いている毛先が内側か外側かでも季節感や印象が変わります。ロングバングスタイルは大人っぽい雰囲気を作りやすいため、カラーは透明感のある7〜8トーンのアッシュ系でカラーリングします。大人な女性を目指す方にオススメです。

このヘアスタイルの記事を読む

HOT PEPPER Beauty

担当 : 中隈


DSC_01821 (1)

DSC_01631 (1)

DSC_0127

モテ系王道のAラインウェーブスタイルです。カットは毛先が重くなりすぎないようドライカットでニュアンスを作り、全体的にパーマをかけます。前髪は毛先のみワンカール緩めにかけておくと手入れが楽になります。ほつれ感の出るウェットジェリーなどを全体的によく馴染ませて仕上げると今っぽい質感におさめることができます。

このヘアスタイルの記事を読む

HOT PEPPER Beauty

担当 : 中隈


DSC_87911 (1)

DSC_84701 (1)

DSC_79501(1)

ピュアなイメージのナチュラルスリークボブです。水平ラインのボブベースにバックは前下がりにグラデーションを入れてあります。水平のアウトラインと前下がりのグラのウェイトラインを顎ラインに合わせバランスよく骨格に嵌めます。バックは厚みを削りすぎないよう首に自然にフィットするように前下がりにグラデーションを入れてあります。純粋なイメージを崩さないようにカラーはつやを保てるダークトーンでカラーリングします。下のロングスタイルと同様に耳を見せてあげると可愛らしさが増します。

このヘアスタイルの記事を読む

HOT PEPPER Beauty

担当 : 中隈


naho2 (3)

DSC_60991

DSC_6712

ピュアなイメージのモテ系王道のクセ毛風ナチュラルウェーブスタイルです。黒髪のままパーマスタイルやアイロンワークを行うと重く見えてしまうため、ピュアなイメージを崩さないように控えめに色素薄い系のダークアッシュでカラーリングします。アッシュ系のカラーリングはロートーンでもヘアがやわらかく見えるため、就活や実習、働いている方にもオススメのカラーリングです。パーマは大きめのロッドでハチ辺りまで巻き込み、耳にかけた時に耳後ろにボリュームが出るようにかけます。耳にかけた時のボリューム感は小顔効果があるのでオススメです。

このヘアスタイルの記事を読む

HOT PEPPER Beauty

担当 : 中隈


Yモデル (1)

DSC_0482 (1)

フェミニンラフなストレートスタイル。夏の湿度で広がりがちなストレートヘアも部分ストレートパーマと顔まわりにレイヤーを入れることで、広がりを抑え、ツヤと立体感・軽さ・動きを演出します。カラーはツヤ感を出しやすいスモーキーベージュでカラーリングします。コテを使った時に毛先が曲がりやすいように毛先のストレートパーマを甘めにしてあるので、仕上げで毛先をワンカール入れるだけで顔まわりのレイヤーの質感をグッと活かすことができます

このヘアスタイルの記事を読む

HOT PEPPER Beauty

担当 : 大野


DSC_70291

DSC_6948 (1)

DSC_73381

カジュアルストリート系ボーイッシュショートボブです。軽めのワンレンボブベースにランダムラフにくせ毛っぽくパーマをかけてグロスワックスで仕上げます。ベーシックボブよりも毛先を細めてあるので、耳にかけた時の後れ毛アレンジも毛先が生きてきます。ストレートアイロンなどを使ってスリークな内巻きボブに変更することもできるので、服装とメイクに合わせてアレンジ可能なスタイルになっています。

このヘアスタイルの記事を読む

HOT PEPPER Beauty

担当 : 中隈


DSC_5586 (1)

DSC_5599

ワンレンボブベースにやわらかい質感のパーマとその質感を活かすアッシュベージュでカラーリングした大人向けショートボブスタイルです。パーマをかけた状態でアゴラインに設定するため、カットはアゴ下3cmに設定し、ノッペリとしがちなワンレンボブに空間を作るために外ハネと内巻きのパーマをミックスさせてエアリー感を強調します。やわらかい質感のパーマと明るめのアッシュベージュが強調し合い重くなりがちなボブも軽く見せることができます。前髪を長めに設定すると、より大人感が増します。

このヘアスタイルの記事を読む

HOT PEPPER Beauty

担当 : 中隈


ワンレンベースのドライカットで仕上げた軽いAラインミディアムです。フロントのみコテでカールを作った時の落ちる位置を計算して一部レイヤーを入れます。モデルのおでこの広さを活かしてカールをつけて眉の位置になるようショートバングにします。全体的な毛先の質感と合わせるためにバングも軽めの質感に合わせます。ピンクバイオレット×ホワイティアッシュでカラーリングしてツヤ感を出して仕上げます。

このヘアスタイルの記事を読む

HOT PEPPER Beauty

担当 : 中隈


古くならないように裾に多少の厚みを残したロングレイヤースタイルです。表面はツヤを出しやすいようにスリークに、アンダー(毛先側)はパーマをかけてふんわりと表面のスリークさとお互いが強調し合うようにコントラストをつくります。イメージが大人フェミニンなので、カラーはロートーンのヴァイオレットアッシュでカラーリングし、ツヤを保つように落ち着いた色に設定します。

このヘアスタイルの記事を読む

HOT PEPPER Beauty

担当 : 中隈


かっすんB

かっすんA

DSC_1682

耳下の襟足部分は厚みを残し、他はレイヤーを入れたスタイルです。顔周りが一番短くなるように、バックは古くなりすぎないよう長めに設定します。くびれすぎず、フロント周りには軽さが出るので様々なアレンジスタイルに対応できます。レイヤーを入れた分、厚みが減りすぎないようにウェーブの重なりを考えてパーマをかけ、カシス系とアッシュ系をミックスして透明感のあるオレンジ系にカラーリングしていきます。

このヘアスタイルの記事を読む

HOT PEPPER Beauty

担当 : 中隈


mu

2枚目の基本的なロングレイヤーカットをベースにレイヤーを活かすアイロンワークを足したスタイルになります。カットベースがほぼフロントのみのレイヤーなので顔周りはリバース、バックはランダムにハネるように巻いていきます。レイヤーの設定する長さを変えれば落ちるカールの位置も変わるため、カットによって様々な表情の見せてくれるベーシックスタイルになります。またフロントのレイヤーをおくれ毛として活かすこともできるのでアレンジスタイルにも適したカットベースになっています。

このヘアスタイルの記事を読む

HOT PEPPER Beauty

担当 : 中隈


DSC_9601b

DSC_9520b

DSC_9268b

バングを長めに残すキメ系のヘアスタイルです。ロングヘアよりも短いレングスのため、パーマやコテを使った時にボリュームをキープしやすくなります。長めのバングを活かし、カッコイイ印象にする為にサイドパートにして搔き上げます。整ったスタイリングではなく、ベースをきちんと作り込み、風が吹いた時、手ぐしを入れた時など乱れても絵になるヘアスタイルになります。ラフなヘアを良く見せるにはその時の表情、仕草など角度も重要になります。

このヘアスタイルの記事を読む

HOT PEPPER Beauty

担当 : 中隈


DSC_8654a

DSC_8852a

DSC_8674a

テーマはアンニュイです。くせ毛風のパーマに流行のセンターパートでラフに仕上げます。コツは分け目をきちっとした線で取らず、ジグザクにかつど真ん中よりも少しだけ左右どちらかにずらします。ほんの僅かな工夫が顔の見え方に大きく左右しますので慎重に決めます。一般的に目は利き目(視力の良い目)側が僅かに大きくなります。分け目も利き目側にずらすのがポイントとなります。

このヘアスタイルの記事を読む

HOT PEPPER Beauty

担当 : 中隈


haradaさん1

DSC_8322

少し長めの夏ショートです。毛先は暖かい時期にマッチしやすいレイヤーベースのカットで軽くし、外ハネメインのパーマをかけて全体的に動きを出します。カラーはメルティーメープル×ホワイティアッシュでツヤを保ちつつ寒色系にカラーリングして涼しげな印象にしていきます。バングの印象としてはショートバングの方が夏っぽくなります。

このヘアスタイルの記事を読む

HOT PEPPER Beauty

担当 : 中隈


やわらかい質感のショートスタイルです。ショートボブベースで、モアショートに見せたいときにはサイドを耳にかけます。顔型補正のためバング端に長さを残し、似合わせに対応させたショートになります。カラーはやわらかさを出すためにバイオレットアッシュでカラー、パーマはユルめのスパイラルでランダムにかけます。髪質は細くやわらかい方に向いてます。

このヘアスタイルの記事を読む

HOT PEPPER Beauty

担当:中隈


mizu3

mizu7

mizu1

ほつれ感とウェット感を合わせたmussy hairです。夏に向けてカットもオールレイヤーで動きやすく、顔まわりに外ハネの毛先がかかるように計算してカットします。パーマ、もしくはコテで巻く前にウェット感の出るワックスをもみ込んでからスタイリングをします。ほつれをテーマにしたヘアスタイルは崩れても形になるので手入れが楽なスタイルでもあります。

このヘアスタイルの記事を読む

HOT PEPPER Beauty

担当:中隈


 

IMG_4018

DSC_5322 (1)

DSC_5317 (1)

全体的に柔らかいふんわりした質感に仕上げるために、ダブルカラーとパーマをかけたスタイルになります。カットは少し長めのショートベースにレイヤーと質感カットをたくさんいれます。ブリーチした後にメルティメープルで柔らかい色を入れ、下はハネるようにゆるめにパーマをかけて仕上げます。ショートスタイルはダメージをあまり気にせずスタイルを楽しめるのがメリットでもあります。

このヘアスタイルの記事を読む

HOT PEPPER Beauty

担当:中隈


DSC_0621 (1)

DSC_0628 (1)

DSC_0627

流行りのヌケ感・ウェッティなどのキーワードをもとに肩当たる長さを利用してラフにハネさせたスタイルになります。オイルとワックスを混ぜて使うことによりラフな動きとツヤのある質感のカップリングです。夏に向けた軽めのバングにアッシュとメルティメープルをミックスさせたカラーで軽さを演出しています。

このヘアスタイルの記事を読む

HOT PEPPER Beauty

担当:大野


馬場さん13縦

胸下ロングのレイヤースタイルです。胸下までのレングスになってくると全体的に動きを出しづらくなってきますのでレイヤーを入れて掻き上げた時のボリュームと巻いた時の動きが出るようにカットしてあります。さらに内側には前髪があり、掻き上げない時にはバングありのスリークなゆる巻、掻き上げてバングを長く見せ少しコケティシュなイメージに変えることも可能な万能ロングスタイルになっています。

このヘアスタイルの記事を読む

HOT PEPPER Beauty

担当:中隈


折田さんブログ用

折田さん斜めホット用

折田さん横 (1)

夏に向けて軽く見せたい方にオススメのスタイルです。ボブベースはそのままに全体的にランダムにパーマをかけ、トップの毛流れを調整してレイヤーのように動きのある部分を作ります。より立体感を強調するためにハイライト・ローライトをプラスして軽めのレイヤーにも、Aラインボブにも変えることができる2WAYスタイルになっています。

このヘアスタイルの記事を読む

HOT PEPPER Beauty

担当:中隈


池沢さんバックH.P.B

トップはふんわり、サイドはハネるようにやわらかくパーマをかけたショートスタイルです。サイドは耳にかけた時にモアショートな印象になるよう少し長めに残します。動きのあるパーマを活かすようにハイライトを入れ黄色くならないよう全体的にホワイティアッシュでカラーリングします。かわいくもアクティブにも見られたい女性におすすめのスタイルです。

このヘアスタイルの記事を読む

HOT PEPPER Beauty

担当:中隈


スリークな前髪と重めのカットベースを生かす横ウェーブを合わせたシャープさと甘さを兼ね備えたスタイルになります。バング横に仕込んだおくれ毛をハネさせたり頬にかけたりすることによって小顔効果を演出し、カラーリングは横ウェーブのふわっとした質感を生かすマットアッシュで仕上げます。全体のカール感をなくし、ストレートヘアにするとバングの軽さとおくれ毛によってシャープな印象に変えることもできる2WAYスタイルです。

このヘアスタイルの記事を読む

HOT PEPPER Beauty

担当:中隈


 

njikaちゃん掲載用2

バック掲載用

シンプルなストレートに大きくカールさせた前髪がデザインポイントのスタイルです。カールバングは少しの曲げ方の違いでフェミニン・ガーリー・ラブリーと様々な印象に変化するのでとても重要な要素となります。この写真の場合イメージはモテ・愛されなどカワイイ印象にするバングになります。シンプルなストレートでもバング一つで大きく印象を変えることができます。髪が多く、硬い方でも手入れのしやすいヘアスタイルの一つです。

このヘアスタイルの記事を読む

HOT PEPPER Beauty

担当:中隈


 

ボブからスタイルチェンジしたい方のためのネクストスタイルになります。アゴ下まで伸びたボブの状態から、フロントのみレイヤーを入れて全体にやわらかくパーマをかけます。レイヤーの動きを活かし、やさしく甘い印象を強調するためにピンク系のアッシュでカラーリングします。愛され・モテ・ラブリー・スウィートなどのキーワードが当てはまる女性にオススメのスタイルです。

このヘアスタイルの記事を読む

HOT PEPPER Beauty

担当:中隈


 

ブログ用3

ブログ用2

大人ガーリーボブ
動きを表現しづらいボブスタイルに、サイドから搔き上げる”逆レイヤー”を使うことによってボブ特有のAラインを保ちつつも、動きを与えることができるスタイルです。
サイドから思いっきりトップを盛るようにボリュームを出すため、小顔効果を演出しやすく、長めに設定した前髪でコケティッシュでアクティブな印象を与えます。おでこの広さや形を選びますのでご相談ください。
 
 
 
担当:中隈


 

Layered

巻き髪用に最適化したレイヤーを入れることによってスリークな面と動く部分を組み合わせたヘアスタイルです。
ツヤ感と動きの両方欲しい方にオススメです。
フロント顔まわりのレイヤーはアレンジをした時にも最適なおくれ毛が出るように設定しているのでアレンジをよくする方にもオススメです。
 
担当:中隈

毛量を選ばないレイヤースタイルです。多毛の方はレイヤーの位置を少し下げ、毛量が少ない方はレイヤーの位置を上にして、全体にゆるめのパーマをかけてふわふわに仕上げます。カットの構成がレイヤーのため、全体的に動きを出しやすく、デザインカラーとの相乗効果も得やすいヘアスタイルになっています。頬横のボリュームを出しやすくなるので、顔を細く見せることができるヘアスタイルになっています。自宅での手入れも楽なヘアスタイルなので普段アレンジやアップスタイルにしないダウンスタイル女子にオススメのヘアスタイルです。

担当:中隈

内巻きと外巻きをMIXさせたミディアムボブスタイルです。
顔を広く見せやすいと勘違いされがちな外ハネスタイルですが、ハネさせる位置によって変わります。写真の位置では頬横を内巻き、口角下を外ハネにすることによって小顔効果と首を細く見せることができます。外ハネヘアは活発な印象を与えやすく、元気で明るい女性に見せたい方にオススメです。
 
担当:中隈

Sleek

クールに見られがちなロートーンヘアーにプラスαの女性像を加えるために毛先にパーマをON。毛先のワンカールパーマで女性らしさと髪のツヤ感を両立させました。立体感の出にくいロートーンヘアーは全体的に重く見え過ぎないように、ツヤ感と立体感を損なわないカットで”透け感”を出します。職場の規定などでヘアカラーに挑戦できない女性にオススメです。

担当:大野

髪質を選ばないロングワンレングススタイルです。広がりやすい髪質の方は長めに残した表面の髪がボリュームを抑え、少ない方は量感調整を控えAラインを保つように厚みを出します。単調になりがちなカットベースなので個性をプラスするために前髪や顔まわりのカットを顔型に合わせて工夫します。また正面から見える内側の毛にハイライトを入れると面潰れせずオシャレに魅せることができます。表面の髪の長さがあるスタイルなので、アレンジ好きな方や、逆に自宅での手入れが苦手な方にも簡単にお手入れができるのでオススメです。

担当:大野

123 (1)

“THEスタンダードボブ”とも言えるスリークなボブスタイルです。ロートーンだと面潰れし、幼く見られたりしますので、カラーを10トーン以上に設定し少しの動きでも立体感が出るようにしておきます。長さの設定は内巻きにした時にゴールデンラインであるアゴの位置になるよう設定し首の長さを際立たせ、キュートさを強調します。サイドのボリュームを出せば出すほど首を細くみせ、肩幅を狭く華奢に見せることができます。骨格的には首の長さがある方にオススメできるヘアスタイルになっています。

担当:大野

Men’s

翔太低画質

翔太フロント

翔太2

サイドはスーツに合うよう刈り込み、トップは長さを残して毛流が出るようゆるめにパーマをかけます。ツヤの出るグロスジェルで真横でも真後ろでもなく斜め後ろに流してバイアスリーゼントにスタイリングします。コームなどで流さず、手ぐしで流すことによって粗い質感を作りワイルドで大人に似合うスーツヘアになっています。トップの長さとサイドの刈り込みのコントラストが重要となりますので、こまめな手入れをオススメします。

このヘアスタイルの記事を読む

担当:中隈


 

スキニー3

好感度No.1の”THEショート”とも呼べるショートモヒカンスタイルです。トップは短くても動きが出るように、下の部分は肌にフィットするようにギリギリまで刈り込んでグラデーションシェイプにします。どんな顔型の方にも合わせやすく、また仕事でもプライベートでもシーンを選ばないマルチなヘアスタイルになっています。切りたての短いうちはジェルで、少し伸びてきたらワックスでスタイリングすることをおすすめします。

担当:大野


 

2ブロックアシンメトリーで、カットのみならず視覚的にも遊びを加え、セミフォーマルならぬ”ネオフォーマル”を狙ったスタイルです。女性とは違い、生え際の形がハッキリしている男性の額の形をカバーするように真ん中だけを斜めに立ち上げて爽やかな印象に仕上げます。直毛でセットしにくい髪質の場合、ニュアンスパーマをかけて自然な立ち上がりと毛先に動きを出します。カッチリしすぎないスーツスタイルを求める方にオススメのスタイルです。

担当:大野


 

2ブロックの位置をアシンメトリーに設定し、下はキッチリと肌にフィットするように刈り込み、上はサイドからスリークに流したスーツに合わせやすいヘアスタイルです。スタイリング剤はグロスジェルを使用し、面とツヤ感で魅せる大人のフォーマルアップバングヘアーになっています。直毛で流れにくい髪質の方は2ブロック上部分に毛流れを作る程度のゆるめのパーマをかけます。普段はスーツが多い・プライベートでもジャケパンスタイルの方にオススメです。

担当:中隈


 

Oブログ用1

Oブログ用2

法令線

モデルの甘い顔を生かすよう前髪の長さを残すことで、ほんの少しの中性的な要素を取り入れ、男っぽすぎない優しい男性像を演出します。トップは長めでも動きが出るようにカットし、固めのワックスで少し高さがでるように仕上げます。全体的に少し長めに見えますが、サイドとバックを短くすることで清潔感と爽やかさをキープしています。20代の若いビジネスマンにオススメのヘアスタイルです。

担当:大野